FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きるためにたべること

「6年2組で子ブタを飼って育てましょう。そして大きくなったら食べようと思います。」
そんな星先生の提案から始まった映画、「ブタがいた教室」
やっと観ました

教室に連れてこられた子ブタは無垢でとても愛くるしく、
子供たちも無邪気に「面白そう!」と提案に賛同、クラス一丸となって子ブタを飼い始める

限りなく実話に近く再現された作品で、”ブタのPちゃんの行く末”について議論を繰り返す26人の子供たちの発言は、ほとんどが台本のない生の声だそうです

子供たちの真剣な意見の中には大人もハッとさせられるところがあったり
「殺すと食べるの違い」なんて、セリフじゃなかったら子供の言葉にしたら本当に凄い…

初めから「食べる」事が前提だったにも関わらず、「Pちゃん」と名前まで付けてしまい、
一生懸命世話をすればするほどに情が移り、案の上、子供たちも先生もつらい思いをすることになる

「いきものを食べる。」とは、人間が生きる為には必要不可欠で当り前のことだけど、
「肉は食べるけど、”仲間”のPちゃんは食べられない、食べたくない。」が全員の考え

それでも、自分たちは卒業し飼い続けれらない以上、”Pちゃん”の行く末は自分たちで責任を持って決めなければならない



あまり書くと…なのでここまでにしますが、私も自分なりにこの授業について考えさせられました



まぁ、やっぱり普段はそんな難しいことは常には考えられませんが、
”命の授業”として、こどもにも、大人にも観てほしい作品だと思います

ブタ


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ブタがいた教室

ご鑑賞ありがとうございます。
周りの皆様とゼヒ話し合ってみてください。

No title

> O さん

コメントありがとうございます。
この作品が上映されてから1年以上経ちますが、いつ観ても、きっとこれから先にも
とても勉強になる作品だと思いました。

まだ観ていない人に勧めてみたいと思います。